全国のキヤノンカメラ愛好家の皆さん
銀塩・デジタルに関わらず一緒に写真を楽しみましょう


canonPculbK_LOGO.jpg



Canon Club KANAZAWA br.

since 1979

CANON PHOTO CLUB KANAZAWA

since 2005


◆当ブログ内の画像等の
無断コピーを禁じます◆


HOME PAGE

2010年06月30日

今年もファミリーBBQ開催

◎ファミリーBBQ撮影会(6月13日)

s-IMG_6358p.jpg

恒例の写真クラブ家族BBQ撮影会です。
白山市・CCZ海浜公園

s-IMG_6365p.jpg

金沢の百万石まつりが、どんどん早く開かれるようになり、昔は5月の下旬か6月初めに開いていたものが逆転して、こちらが祭りの後に開かれることになりました。
ずっと晴天続きだったので天気が心配されましたが、何とか曇り空で暑くもなく寒くもなく丁度良い陽加減で(笑)

s-P1020245b.jpg s-IMG_6364p.jpg

北陸中日写真協会西支部との合同撮影会開催。
モデルは忘年撮影会の時と同じ、中日フォトメイツの細畑美香さん。

s-IMG_6356p.jpg s-IMG_6353p.jpg

持参したテントも大人数であっという間に設営完了し、昼のBBQを挟んで、午前と午後の撮影会にはワンコや同伴のお孫さんも加わり、バラエティに富んだモデル配置です(笑)

s-IMG_6359p.jpg s-IMG_6362p.jpg

(小さな写真をクリックすると大きくなります)

撮影会終了の3時頃から雨がポツリポツリ。
この日、北陸地方も梅雨入りしたそうですが、なんとか撮影会はギリギリセーフで無事終了しました。

お疲れさまでした。

◎6月の月例会

日時:6月17日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

5月提出作品の講評です。

s-IMG_6584p.jpg

講師:菅井日人先生

◆平本和男

タイトル:「旅人2」   1席

1006hiramoto.jpg

この写真は映画のひと場面のようであり、スチール写真のような出来栄えです。
内容的にも優れた内容が感じられます。
この僧侶の後ろ姿でいろいろな想像が出来て物語までも浮かびます。
衣が風になびいて、良い形の時に捉えました。
シャッターチャンスが最高に良かったです。

◆松田 溶

タイトル:「行灯こわし合い」   2席

1006mazda.jpg

この勇壮な祭は迫力を出して映しとめられました。
あまり男たちの表情は見られませんが、危険な様子は良く分かる構図です。
光は良く回っていて、自然な色彩が出ました。


◆寺田信弘

タイトル:「祝い舟」 3席

1006terada.jpg

こんなにおしゃれな感覚はあまり見ません。
この写真は完成度が高いです。
画面をこんなにすっきり構成して、祝い船ということを言い表していることに優れたものを感じます。
散った桜も程良く、赤い傘をカットしている量感も素晴らしいです。

◆高田 進

タイトル:「冬景」 4席

1006takada.jpg

今回の提出された写真3点とも仕上げがものすごくきれいです。
選んだものは僻撤で波間を映しているようですが、あまり海岸線ということは、分かりにくいです。
ただ光が美しく、モノクロの感じが色彩を引き締めていてプリントがきれいです。
造形的な映像が斬新でした。

◆松野 忠男

タイトル:「陸上の漕艇」  5席

1006matsuno.jpg

この写真はフレーミングが優れていました。
良くここでカットしました。
ボートが陸揚げされている所ですが、あまりボートとは思わない角度で色彩も全体が調和していて良いバランスです。
おしやれな写真になりました。

◆梅沢武志

タイトル:「雨あがり」

1006umezawa.jpg

写り替わる天気の様子が非常にバランス良く画になりました。
露出が良くて下の水面の部分はオーバーですが、この場合はこれで良いでしょう。
森林の中に気温が上がって蒸気になる雨がうまく出ています。
良いまとまりを見せました。

◆大野 浩一

タイトル:「休憩中」

1006ohno.jpg
            
休憩中ではしょうがありませんが、このユーモラスな写真は“営業部長”とある表札にありますね。
寝ていては営業は出来ないので、そこに面自さがありますね。

◆小松 康一

タイトル:「春の金沢城公園」

1006komatsu.jpg
            
天気が悪かったです。
お城を感じさせる塀がイメージを大きく画面に存在させています。
桜は満開で良い場面ですが、色がないのが残念です。

            
◆佐藤 華子

タイトル:「棚田の守り手」
            
1006satoh.jpg

素晴らしい景色の中で仕事をしている農夫がいます。
夕焼けでしょう。
もうじき仕事が終わる感じの何とも言えない一日の終りを感じます。
太陽の色も淡くて、もう少し濃いめに出ても良いようですが、雰囲気は非常に良く出ました。



◆高野昌隆
タイトル:「夕日の千枚田」

一日が終わるころの千枚田の光景が見たままの感じに捉えられたと思います。
雲が多かったので夕日の色や感じは澄んだ色が出ませんでした。
これがもっと良い夕焼けならば写真としても締まりが出たと思います。

◆本谷 公夫

タイトル:「あっち行って」

1006motoya.jpg            

逆光の温かい光を受けて、かわいい女の子が自分より大きな犬に向かっている所です。
シャッターチャンスが良く、怖くはない表情です。
プリントが少しオーバー気味になりました。
プリント紙の違いもありますね。


◆吉田 貞介

タイトル:「灯照」

1006yoshida.jpg
            
吉田さん独特の作品が提出されました。
いつも大変凝っていて、きっと楽しみながら撮影していることだろうと想像します。
どれも芸術性が高くて何か宗教的な感じもします



◆吉村僖代市

タイトル:「友禅流し」

1006yoshimura .jpg            

俯瞰で捉えたこの友禅流しの写真は中々良い場面を見つけたと思います。
橋の影が川をデザインしました。
少し遠いので、最初あまり理解できませんでした。
カラーでなく、モノクロなのが斬新と言えばそういう感覚でもあります。

==============================

ファミリーBBQ、月例会ともSONYの新型ミラーレスデジカメ「α−NEX」が話題に…

s-IMG_6582p.jpg

コンパクトなフォルムとAPS−Cの受光素子に興味津々でした。
キヤノンのカメラクラブなのにね(笑)

s-IMG_6581p.jpg s-IMG_6586p.jpg

キヤノンでもEOSシステムを生かした同様なコンパクトシステムを出してくれませんかね…

本当はライカM9を凌駕する、RFのカメラを出してくれたら最高なんですが…

◎7月の月例会

日時:7月15日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

作品提出月です。
各自3点の作品をお持ちより下さい。

◆クラブ展のご案内◆

日時:9月3日(金)〜12日(日)
場所:石川県立図書館・ライブラリーサロン







posted by Canon7 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。