全国のキヤノンカメラ愛好家の皆さん
銀塩・デジタルに関わらず一緒に写真を楽しみましょう


canonPculbK_LOGO.jpg



Canon Club KANAZAWA br.

since 1979

CANON PHOTO CLUB KANAZAWA

since 2005


◆当ブログ内の画像等の
無断コピーを禁じます◆


HOME PAGE

2016年02月16日

先月の講評も交えて「2月月例会」

金沢では氷点下1.4度という寒い日になってしまいましたが、作品の方は熱気あふれる作品揃いとなりました。

まずは、1月提出作品の講評から…

2016年1月提出作品 講評 渋谷敏広先生

香田美代子さん「ママの後から」 第1席

http://yahoo.jp/box/y0liHQ


灰色の空。真っ直ぐ伸びる濡れた路面。圧縮された密度の濃い空気感。
人間と出くわした決まり悪さというか、コミカルさと緊張感が同居した写真で、見る人ごとに印象が異なる要素を持った写真です。
幼鳥も親に負けないくらい大きくなっています。

平本和男「砂浜にて」 第2席

http://yahoo.jp/box/2UewXY

低い位置からの日差しが、景観をドラマチックに演出しています。
石の丸みと風紋の揺らぎには、一種の艶めかしささえ感じます。
ゆっくり姿を変える砂の波。応募3作品共に、超現実主義絵画の雰囲気をたたえています。

高田 進「秋の光」 第3席

http://yahoo.jp/box/rqKmzv


輝くハイライトから、黒く引き締まった暗部。再現できる階調域をダイナミックに使い切った露出と仕上げで、景観のスケール感が雄弁に表現されています。
暗い背景に映えるススキに、浮遊感と漂白の想いに誘われます。

小松康一「時間(とき)」 第4席

http://yahoo.jp/box/NIv7lR

表情と立体感が増す、魅力的な光が当たる場面を選んで撮影してあります。
赤、緑、肌色の配色が良く、発色も美しい写真です。
このモデルさんは、このアングルから撮ったときの顔立ちがいいように思います。

松田 溶「カラー放水」 第5席

http://yahoo.jp/box/zgQC7W


放水の様子を見下ろせるアングルもなかなか面白そうです。
ただし、複数の放水が重なり、色の違いが際だたなくなってしまったようです。
かなたに見える消防車とホースと人を俯瞰しているだけでも楽しい場面です。

後の作品については50音順です

打田啓子さん「大樹との出会い」

http://yahoo.jp/box/KYUhWs

生命力あふれる大きな樹。樹を囲む人の大きさとの対比で存在感が強調されています。曇天の散光により、明暗差が穏やかで、樹皮も雪の質感も描写されています。
シャッターを押すタイミングは、左から2番目の人が上を見上げた時ではないかとおもいます。

梅沢武志さん「日だまり」

http://yahoo.jp/box/l-hi2N

画面に占める蝶の大きさが絶妙。小型の蝶の場合、雇用にあまり大きくしないのが良いと思います。緑の背景を、無彩色のエリアが落ち着いた印象にしてくれました。
光の当たり方がいいので、蝶も花も引き立っています。
この撮り方はマスターされたようなので、次の表現にチャレンジしましょう。

大野浩一さん「祈る」

http://yahoo.jp/box/KUtlX6

望遠レンズと煙の効果で、圧縮感と空気感が漂う写真です。
くすんだ色調の写真ですが、日差しと紅白の吊り縄、そして登場人物が若いこともあり、沈んだ印象にならずにすみました。

高野昌隆「線路内危険」

http://yahoo.jp/box/VrRi1t

色の濃さとコントラストを適度に強調して、暗部の引き締まった仕上げが望まれます。
太陽を背に受けて伸びる男の影を活かした画面構成も求められます。
題名が、せっかくの場面をちっぽけなものにしています。
これらのことが改善されていれば、もっと印象深い作品になったことでしょう。

寺田信弘「鎧」

http://yahoo.jp/box/twFVkO


まさに捕手は要といった感じです。選手の動きや重なりも、よく観察してあります。
スポーツ撮影は、ハイライトシーンだけでなく、このような合間のシーンや観客側に目を向けるとで、より面白い撮影ジャンルになることでしょう。

林 茂樹「一人ぼっち」

http://yahoo.jp/box/Rk5ccX

モデルの側面を照らす光と、床にハイライトを映し出す背景の窓。(実際は暖房が効いているかもしれませんが)
ひんやりとした部屋の空気感が、光の効果と空間を活かした低めのアングルで表現されています。

松野忠男「おとぎの館」

http://yahoo.jp/box/N_zlXs


残像表現の場合、鮮明部分が無いと、それは失敗とみなされます。
この写真は人物の表情がわかります。
景観はブレて流動感を出すことができましたが、それに合ったモデルの表情とポーズに工夫がほしいところです。

本谷公夫「冬の日に」

http://yahoo.jp/box/HY35RJ

窓枠の配置バランスや、ガラスに映る樹のシルエットなど考えて撮影してあるとおもいます。
髪も周囲も黒いので、顔だけが浮かび上がって見えます。
とすれば、画面内の顔の大きさは、もう少し小さくした方がいいかもしれません。(モデルの左目に、少しだけでも白目が見えていてよかったです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

続いて2月月例作品の選評です。

http://yahoo.jp/box/1u2T_L

選評担当は打田啓子さんです。

◆打田啓子
タイトル:ユニークだね

http://yahoo.jp/box/AhR1xx


投票得点:5
順位:

◆梅沢武志
タイトル:雪の日

http://yahoo.jp/box/04Oetl


投票得点:
順位:


◆大野浩一
タイトル:波

http://yahoo.jp/box/kaEVdD


投票得点:2
順位:


◆小松康一
タイトル:夜店通り

http://yahoo.jp/box/V1nNnP


投票得点:8
順位:4位



◆高田 進
タイトル:残光

http://yahoo.jp/box/qI1yS0


投票得点:23
順位:1位
 

◆高野昌隆
タイトル:異国の屋根

http://yahoo.jp/box/9u3_2b


投票得点:1
順位:位


◆寺田信弘
タイトル:ヘッドスライディング

http://yahoo.jp/box/SQTb56


投票得点:
順位:位

◆林 茂樹
タイトル:裸放水

http://yahoo.jp/box/sdvgav


投票得点:11
順位:3位

◆平本和男
タイトル:起舟祭

http://yahoo.jp/box/UjGAJj


投票得点:3
順位:位

◆松田 溶
タイトル:三寺まいり

http://yahoo.jp/box/Yg7HDZ


投票得点:
順位:


◆松野忠男
タイトル:のれん

http://yahoo.jp/box/CTXZXe


投票得点:8
順位:4位


◆本谷公夫
タイトル:雪のシーズンを前に

http://yahoo.jp/box/Qzce4o


投票得点:
順位:


◆寺出敏久
タイトル:冬に舞う

http://yahoo.jp/box/CrsTi1


投票得点:16
順位:2位

◆田辺雄一
タイトル:トンネルののぞき合い

http://yahoo.jp/box/5B_42P


投票得点:
順位:位


http://yahoo.jp/box/i64t8M

◇3月の月例会:3月15日(火) 午後7時〜

        金沢市民芸術村 管理棟 1F研修室
posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

新しいメンバーが新しいクラブを切り開く

久しぶりのクラブ報告になります。

http://yahoo.jp/box/r0Q1I9


金沢の今年の冬は雪なしどころか、暖かなお正月を迎えて北陸を感じさせませんでした。

http://yahoo.jp/box/SezzlP

月例会の会場「金沢市民芸術村」も雪吊りがあっても冬を感じさせません。

今年は「キヤノンクラブ金沢支部」として創設以来37年を数えます。

http://yahoo.jp/box/t00-w4

同好のキヤノンクラブもそうでしたが、「支部」から「フォトサークル」に変化したのも、メンバーの高齢化や活動のマンネリ化を防ぐためだったのでしょうか…

とはいえ、我がクラブも高齢化に抗うのは難しいことです。

それでも、去年からぼちぼちと新メンバーが加入することで、作品の質も変化して来たのが刺激的です。

http://yahoo.jp/box/q919kQ

単なる「酒飲みクラブ」(笑)といわれないよう気を引き締めていきたいと思います。

http://yahoo.jp/box/V7OW6O

さて初春の月例会、クラブ選評の担当は林さんです。

http://yahoo.jp/box/VTZ0ha

新メンバーでは、まだキヤノン本部会員に加入していないメンバーもいますが、従来のメンバーとは作風も違い作品も新鮮に映ります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

1月選評作品 選評者:林 茂樹

※作品は五十音順です

◇打田啓子
タイトル「金沢夜景(キゴ山から)」  クラブ投票9票 3席

http://yahoo.jp/box/X9RqCi

◇梅沢武志
タイトル「日だまり」   クラブ投票 11票 2席

http://yahoo.jp/box/97bHtQ

◇大野浩一
タイトル「祈る」

http://yahoo.jp/box/usOwRF

◇香田美代子
タイトル「春の光跡」 クラブ投票 7票 3席

http://yahoo.jp/box/lxhoeF

◇小松康一
タイトル「エッヘン!!」

http://yahoo.jp/box/PvPSVt


◇高田進
タイトル「清涼」

http://yahoo.jp/box/9M2yrH

◇高野昌隆
タイトル「ルーティーン」

http://yahoo.jp/box/2t_ju7

◇高橋央
タイトル「早く釣ってよ」

http://yahoo.jp/box/SB-pP0

◇田辺雄一
タイトル「天まで上がれ」

http://yahoo.jp/box/LBqdbr

◇寺田信弘
タイトル「鎧」

http://yahoo.jp/box/v5tDEE

◇寺出敏久
タイトル「where is happiness」 クラブ投票 9票 3席

http://yahoo.jp/box/hZij9R

◇林茂樹
タイトル「今日は」

http://yahoo.jp/box/GLryOZ

◇平本和男
タイトル「渚のセレナーデ」 クラブ投票 26票 1席

http://yahoo.jp/box/2k_5eY

◇松田溶
タイトル「カラー放水」

http://yahoo.jp/box/J8yUJc

◇松野忠男
タイトル「メルヘン橋」

http://yahoo.jp/box/Uzi5nd

◇本谷公夫
タイトル「冬の日に」

http://yahoo.jp/box/vR0X84

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2月の月例会は16日(火)午後7時〜
金沢市民芸術村 本部棟1F研修室です

http://yahoo.jp/box/-30Z3R

http://yahoo.jp/box/eJGgwh

こちらは去年の忘年会と忘年撮影会の記念撮影です。

今年も宜しくお願いします。
posted by Canon7 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

今年最後の月例会

2011年もそろそろ終わりです。

12月月例会の報告です。

日時:12月15日(木)19時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

s-IMG_4398p.jpgs-IMG_4399p.jpg

11月の提出作品について菅井日人先生の講評が届きました。

◆ 平本和男
タイトル:「熱気球キッス」1席

1112hiramoto.jpg

タイトルはあまりピンときません。
大きな熱気球が生きているように、捉えられました。
色彩も良い天気の中で良い色を出しています。
大変タイミングの良い瞬間でした。



◆ 高田進
タイトル:「水辺に生きる」2席

1112takada.jpg

これは大担な構図でプレーミングもしっかりしています。
鏡のように静まり返った水面にこの1本の木が水面に突き刺さるように映えています。
大変面白い所を捉えています。色彩的にも素晴らしいです。


◆ 佐藤華子
タイトル:「時の内側」3席

1112sato.jpg

タイトルが良いですね。
高い所にある時計塔の内側から捉えています。
シルエットで2人の人がいます。
何も邪魔ものがなく面白い絵柄でまとめています。


◆ 松野忠男
タイトル:「モザイク」4席

1112matsuno.jpg

古い使われていない学校でしょうか。
たくさんの窓があってガラスもなし、ところどころに白い板のような物があります。
板の壁はずいぶん朽ちているようです。
それをモザイクとして見たことは面白いです。
一人歩いて行く人がいます。
いないより動きが出ましたが、この人で良かったかどうか、問題です。


◆梅沢武志
タイトル:「雨あがり」

1112umezawa.jpg

紅葉には少し早いのでしょうか。
雨あがりで、温度が高くなっているのでしょうか、蒸気が上がっています。
遠近感があって、しっとりとした静かな写真になりました。


◆大野浩ー
タイトル:「怨念」

1112ohno.jpg

タイトルの意味は良く分かりませんがこのソラリゼーションは色彩的にはまとまりを見せています。
滝の流れと女性の形はデザインのように感じます。



◆小松康ー
タイトル:「雨の高速道路」

1112komatsu.jpg

サスペンスドラマに出てきそうな画面です。
何か事件でも起きそうな感覚です。
雰囲気は良く出ています。


◆高野昌隆
タイトル:「電車待ち」

1112takano.jpg

何も言われなくてもホームであることが分かります。
3人が思い思いの楽な形で電車を待っています。
写真の内容的な天から言えばあまり良いとは言えませんが、若者はお構いなしに自由な形でいる所が面白いです。

◆田中善吉
タイトル:「鷺」

1112tanaka.jpg

モノクロの為に、鷺があま与目立ちません。
プリントの紙が艶消しで、静かなやさしいプリントに見えます。
画面は水面に映る雪をかぶった木々の写り込みも入っているので面白いのですが、それがあるために余計に鷺が目立ちませんでした。


◆寺田信弘
タイトル:「ランド」

1112terada.jpg

背景がパソコン処理で明るい夢の中のようです。
夢に向かつて登る子供たちのように作りました。

ただ、下の子供たちが暗いですね。
背景とのコントラストがあり過ぎた感じです。


◆松田溶
タイトル:「祭りの朝」

1112mazda.jpg

たくさんの女の子が稚児さんの衣装を着てうれしそうに出てきた所です。
日の丸の旗が子供達の衣装と同じ色彩で画面を彩っています。


◆本谷公夫
タイトル:「仲良し」

1112motoya.jpg

祭りの中で仲良し姉妹が写っています。
とても自然でカメラを意識していない所が良いですね。
ちょっと上からのカメラポジションも良かった。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

長らく講評を頂いた菅井日人先生は今月をもって一旦担当を終えられました。

ありがとうございました。

来年からは太田眞先生が講評に当たられます。

2012年も元気で写真修行に励みましょう!

posted by Canon7 at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

撮影会の講評です

11月月例会

日時:11月17日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 

選評担当:本谷公夫


◆梅沢武志
タイトル: 「ジャンプ」

1111umezawa.jpg

投票得点:3
順位:


◆大野浩一
タイトル:「恐怖」

1111ohno.jpg

投票得点:4
順位:


◆小松康一
タイトル:「ファンファーレ」

1111komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子
タイトル:「時の内側」

1111satoh.jpg

投票得点:11
順位:2位


◆高田 進
タイトル:「水辺に生きる」

1111takada.jpg

投票得点:15
順位:1位
 

◆高野昌隆
タイトル:「雪吊り」

1111takano.jpg

投票得点:
順位:

◆田中善吉
タイトル:「鷺」

1111tanaka.jpg

投票得点:10
順位:3位


◆寺田信弘
タイトル:「晩秋」

1111terada.jpg

投票得点:2
順位:


◆平本和男
タイトル:「群」

1111hiramoto.jpg

投票得点:1
順位:

◆松田 溶
タイトル:「祭の朝」

1111mazda.jpg

投票得点:2
順位:


◆松野忠男
タイトル:「学園祭」

1111matsuno.jpg

投票得点:8
順位:5位


◆本谷公夫
タイトル:「あらよ!ご免ヨ!」

1111motoya.jpg

投票得点:10
順位:3位


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎9月に行われたファンタジック撮影会の作品講評です。

◆寺田信弘
タイトル:「ファンタジック」1席

nude2011terada.jpg

これは作りだした画面の構成がきれいですね。
大小のシャボン玉の中にいるような錯覚を作り出しました。
赤い布も良い小道具としてうまく使っています。
流れもあるし、動きも感じられます。
色彩のバランスも良かったです。

◆本谷公夫
タイトル:「ピアノがステージ」 2席

nude2011motoya.jpg

この写真でやっと下からある棒のような線の意味が分かりました。
ピアノの一部なのですね。
本谷さんのこの作品はその捧を外しています。
ポーズは大胆に美しい形を作っています。
ピンと伸びた足はあくまでもきれいで素晴らしいです。
抜かりのないポーズですね。


◆高野昌隆
タイトル:「緑につつまれて」3席

nude2011takano.jpg

この写真は女らしいというよりも何か筋肉質の感覚があって、柔らかなものは出ていません。
背景も緑一色で、まあライティングは良いようです。


◆梅沢武志
タイトル:「おんな」

nude2011umezawa.jpg

この写真は良いですね。
すっきりしていて美しいヌードです。
席に入ってもおかしくない出来栄えです。
ただ席から落ちたのは左の方に何か気になる棒が肩のあたりをさしていることです。
何ですかこれは。
この棒がなければ最高にきれいなポーズ、黒が強いですが素敵です。

◆大野浩ー
タイトル:「視線」

nude2011ohno.jpg

この写真は腕から手の問題です。
手前の腕は手の先まである方が良い、向こう側の手も肩からの部分はなくて手だけが覗いています。
胸はきれいに出ています。
睨んでいるような目は力があります。
白い肌に黒い下着が効果をだしました。


◆小松康ー
タイトル:「想う」

nude2011komatsu.jpg

御簾の間から見える裸の女性は上半身裸で艶めかしい。
ちょっとだけ顔が見える。
物語が出来る感じです。
御簾が左右同じだけのボリュームでまん中が開いている状況です。
これは同じでないほうが良かったかと思われます。



◆高田進
タイトル:「一休み」

nude2011takada.jpg

タイトルが合いません。
この全身はまとまりを見せています。
ポーズとして良いと思います。
ただ寝ている畳のしわはあまり良いとは思いません。
光と影は良いバランスです。

◆平本和男
タイトル:「想い(2)」

nude2011hiramoto.jpg

何しろ天狗の面はやり過ぎの感があります。
ソフトレンズで狙っていますが写っているものははっきりしていて、ソフトではありません。いやらしい写真と見るでしょう。


◆松田溶
タイトル:「裸観音」

nude2011mazda.jpg

裸を観音様に見立ててのポーズを取らせました。
体だけ見ると良いとは思いますが、少しバックのシートが下の方で切れていてばれました。
座っている下の方の意識がなくなっています。
ヌードの形は良いのですが残念でした。

◆松野忠男
タイトル:「午睡」

nude2011matsuno.jpg

この写真は女性のももにあたる部分が強調されてやけに目立ちます。
写り込みの部分に線があります。
これがなんであるか、ない方が良いです。
ふくらはぎの所もきれいではありません。



posted by Canon7 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

10月月例会

◎10月月例会

日時:10月13日(木)
場所:金沢市民芸術村 管理棟2F和室

s-P1020661b.jpgs-P1020660b.jpg

9月提出作品の講評です。

講評:菅井日人先生

◆梅沢武志

タイトル:「水鳥」1席

201110umezawa.jpg

写真はマイナスの芸術と言われますが。この1席はまさしくそのすっきり感がある写真になりました。
1羽の水鳥が泳いでいくあとに波紋が出ています。
その形は富士山のようで左右均等に跡がつきました。
モノクロで引き締まった色が出ています。


◆寺田信弘

タイトル「ライン」2席

201110terada.jpg

初雪が降った次の日の朝、雪が汚くなる前に急いで展望台に出かけた努力を感じます。
俯瞰撮影の面白さが出ています。
まるで絵のような線と曲線のモダンな感覚がプレーミングされています。


◆大野浩ー

タイトル「異空間」3席

201110ohno.jpg

ソラリゼーションで仕上げた作品です。
タイトルにぴったりの宇宙を感じます。
色彩も大胆で良いようです。たいへんおもしろい画になりました。

◆本谷公夫

タイトル:「ファミリーアドベンチャー」次席

201110motoya.jpg

たいへんおもしろい画になりました。
この親子の前にあるものは涼しげな、暖簾のように見えます。
左には球体があって、インパクトがあります。
水に浮かんでいるようにも見えます。


◆小松康ー

タイトル:「盆の響き」

201110komatsu.jpg

構図、プレーミングも良いようです。
盆には先祖を迎える大事な行事で、ライトアップされている所はしっかり写り、灯ろう流しは何か寂しい行事です。
画面は時が止まった感じで風も、流れもないようです。



◆高野昌隆

タイトル:「談笑」

201110takano.jpg

働く人の笑顔はうつくしいですね。
カメラの角度も良いし、うまいプレーミングでした。
エプロンの色がオレンジでポイントになりました。



◆平本和男

タイトル:「漁村のまつり」

201110hiramoto.jpg

写真は勇壮な海の男の祭です。
しかし全体を入れ込んだので、迫力があるのに少し退いた感じになりました。
後ろに同じヤグラがきているのでどんなことか理解出来ます。
手前のヤグラは担ぎ手をもう少しカットしてもっと寄って捉えたいです。
上半身だけでもいいと思います。



◆松野忠男

タイトル:「激写」

201110matsuno.jpg

何かの祭りで特殊なメイキャップの男が一眼レフのカメラを手にして撮影中の所を捉えました。
目を大きく開けて真剣です。迫力が出ました。



◆松田溶

タイトル:「体験で一輪車」

201110mazda.jpg

この写真は一輪車ではなくて人力車ではありませんか。
カメラ目線の子供が多く写りました。
背景の家も風鈴をつけたすだれが、夏のイメージを出しています。
人力車は子供達にとって面白い乗り物として絶対に牽いてみたいものでしょう。
良いタイミングで捉えました。


◎久々に会場を和室に移しての月例会でした。

s-P1020672b2.jpg

窓を開けると、ちょうど北陸線越しに一日遅れの満月が…

3年後には北陸新幹線の新しい線路が完成し、風景も一変するのでしょうね。


posted by Canon7 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

7月月例会

◎月例会の報告

日時:2011年7月14日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村管理棟1F研修室

s-IMG_8975p.jpg

選評担当:小松康一

s-IMG_8976p.jpg

◆梅沢武志
タイトル:白と青

1107umezawa.jpg

投票得点:1
順位:


◆大野浩一
タイトル:みだれ髪

1107ohno.jpg

投票得点:1
順位:


◆小松康一
タイトル:夏休み

1107komatsu.jpg

投票得点:2
順位:



◆高田 進
タイトル:刻

1107takada.jpg

投票得点:12
順位:2
 

◆寺田信弘
タイトル:商売繁盛

1107terada.jpg

投票得点:10
順位:3位


◆平本和男
タイトル:春らんまん

1107hiramoto.jpg

投票得点:8
順位:4位

◆松田 溶
タイトル:川原トンボ

1107mazda.jpg

投票得点:7
順位:5位


◆松野忠男
タイトル:フライング

1107matsuno.jpg

投票得点:
順位:



◆本谷公夫
タイトル:灯ろう流し

1107mtoya.jpg

投票得点:13
順位:1位

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

s-IMG_8980p.jpg s-IMG_8981p.jpg
posted by Canon7 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

元気で写真を撮れるのが一番!

◎今年もファミリーBBQ

日時:6月12日(日)
場所:白山市松任海岸CCZ

s-P1010771b.jpg

恒例のファミリーBBQです。
日頃は「亭主元気で留守が良い」の奥様方も参加して(参加させられて?)和気藹々で行われました。

s-IMG_7915p.jpg s-IMG_7932p.jpg

昔は小さかった子供達も参加したのですが、それぞれ独立して、いまや爺婆BBQ(笑)
モデルさんだけが若い(爆)

s-IMG_7933p.jpg s-IMG_7921p.jpg

最近は、とんとご無沙汰だったSさんも参加しましたが、最後までカメラは握りませんでしたね(笑)

s-P1050395b.jpg s-IMG_7937p.jpg

しかし、元気で写真が撮れると言うことが一番大切なことではないか…と感じた一日でした。

◎6月の月例会報告

日時:6月16日(木) 午後7時から
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

s-IMG_8005p.jpg

●5月提出作品の講評
            講評:菅井日人先生

◆松野忠男
タイトル:「水遊び」 1席

1106matsuno.jpg

なんて良い顔をしているのでしょう。
右から手が出ているのも最高の笑いを作り出していることに関係しています。
いたずら坊主の最高の喜びが写りました。


◆大野浩ー
タイトル:「寒すずめ」 2席

1106ohno.jpg

切り絵の感覚でまとめました。
パソコンでの処理ですか。
大変面白く色彩的にも言うことありません。
すずめが良くいいところにいました。



◆本谷公夫
タイトル:「スピード違反!」  3席

1106motoya.jpg

これはウイットに富んでいるというか、ユーモアでしょうか良く入れ込めました。
面白いです。
良くフレーミング出来ました。


◆寺田信弘
タイトル:「泳ぐ」 4席

1106terada.jpg

水族館で捉えたようです。
透き通っている魚なのでしょうか。きれいです。
水槽にこんな風に泳いでいるのですか。
デザインされた様にしっかりピントも良く捉えています。

◆梅沢武志
タイトル:「男の目」

1106umezawa.jpg

文楽の人形使いの鋭い目が覗きます。
良く見つけて鋭い写真に仕上げました。


◆小松康ー
タイトル:「片栗」

1106komatsu.jpg

太陽光が強くて葉の色は出ていません。
きれいに咲いているカタクリの花、マイナス補正をしないといけませんでした。
あるいは直射が当たらない場所でねらうとよかったでしょう。


◆佐藤華子
タイトル:「サンタ・ルチアの恋人」

1106satoh.jpg

雰囲気は出ていますが、少し暗いでしょう。
もう少し明るいと申し分ありません。
カメラを意識してくれたのですか!
やはりイタリアですね。


◆高田進
タイトル:「桜の軌跡」

1106takada.jpg

大胆な構図で1本の桜の古木を捉えています。

桜が泣いているようにも見えます。
天気は悪い条件で面白く作画出来ています。



◆高野昌隆
タイトル:「鼻眼鏡 」

1106takano.jpg

ピンクの帽子をかぶり、ネックレスも面白い、この老人のお酒落な感覚が映し出されています。
鼻眼鏡というタイトルが的確です。

◆平本和男
タイトル:「山里の春」



良い風が吹いています。モノクロも良いですね。
まん中に鯉のぼりの柱を置いた構図が大胆で良いです。
お母さんの背中にきっと男の子がいるのでしょう。
黒い空と白い雲が手前の景色を引き立てています。

1106hiramoto.jpg

◆松田溶
タイトル:「曳山巡行」

1106mazda.jpg

高い位置からのカメラポジションが良かったです。
祭りの全容が良く分かります。
しっかりフレーミングされました。
ただ迫力には欠けますね。




posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

5月月例会

◎5月の月例会報告

日時:5月12日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村管理棟1F研修室

s-IMG_7121p.jpg

選評担当:高野昌隆

s-IMG_7129p.jpg

◆梅沢武志
タイトル:男の目

1105umezawa.jpg

投票得点:5
順位:5位


◆大野浩一
タイトル:艶

1105ohno.jpg

投票得点:
順位:


◆小松康一
タイトル:片栗

1105komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子
タイトル:島の休日

1105satoh.jpg

投票得点:8
順位:4位


◆高田 進
タイトル:桜の軌跡

1105takada.jpg

投票得点:
順位:
 

◆高野昌隆
タイトル:鼻眼鏡!!

1105takano.jpg

投票得点:17
順位:1位


◆寺田信弘
タイトル:記念写真

1105terada.jpg

投票得点:9
順位:3位


◆平本和男
タイトル:春を待つ日

1105hiramoto.jpg

投票得点:4
順位:

◆松田 溶
タイトル:曳山巡行

1105mazda.jpg

投票得点:
順位:


◆松野忠男
タイトル:水遊び

1105matsuno.jpg

投票得点:10
順位:2位


◆本谷公夫
タイトル:たそがれどき

1105motoya.jpg

投票得点:5
順位:5位

s-IMG_7134p.jpg s-IMG_7137p.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎2011年上期撮影会作品
講評:菅井日人先生

◆高田進
タイトル:「水辺」1席

1104takada.jpg

この写真の色彩はしっかり引き締まったものとなりました。
画面のバランスは寂しいですが、良く引き締まっています。
水面に映るあたりがあることが良かったです。無駄な物がなくて良いでしょう。


◆小松康ー
タイトル:「クライマックス」2席

1104komatsu.jpg

この写真は神輿を担ぐ女の子と背景にはたくさんの見物人が写りました。
雰囲気は良く出ています。
左にいる女の子がかわいいです。



◆松野忠男
タイトル:「舟遊び」3席

1104matsuno.jpg

近江八幡といえばこの舟遊びです。
水が温んでゆっくりとした侍聞が過ぎていく様子が、写っています。
少し遠くてインパクトがありません。

◆打田啓子
タイトル:「温む水郷」

1104uchida.jpg

左手前からの波紋が水の温む感じを出しました。
空と水郷だけで、まとめています。
上から1 / 3のところに木々のシルエットがあるのはちさっぱりした画面を作り出しました。

◆梅沢武志
タイトル:「左義長奉火」

1104umezawa.jpg

祭りのクライマックスなのでしょう。
しかしただ燃やしている炎が強く、印象的なイメージです。
もう少し状況の分かる広範囲であるほうが良かったでしょう。

◆高野昌隆
タイトル:「クライマックス」

1104takano.jpg

スローシャッターでストロボを同調させているので光は良く周り、動きも出ました。
右の男は燃えているように見えます。祭りの狂気を感じます。

◆平本和男
タイトル:「まつりの世話役」

1104hiramoto.jpg

写真の内容が良く分かりません。
世話役が何をしているのか、プレーミングが中途半端でしょう。
ただ、後ろの火柱が目立ちます。


◆本谷公夫
タイトル:「御一行さま」

1104motoya.jpg

写真では前から4人を撮ることも考えられますが、後ろ姿も面白い物です。
アーケードを勇ましく歩く4人の女性、ただそれだけなので内容はあまりあり ません。






posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

4月月例会

◎4月月例会報告

◇3月提出作品講評:菅井 日人先生◇

s-IMG_6276p.jpg s-IMG_6277p.jpg


◆梅沢武志
タイトル:「御陣乗」 1席

s-1104umezawa.jpg

この神事はこの場所で、催されるのでしょうか。
白い海の色、雪が降る中でのおそろしい面を付けた男が踊っています。
構図、プレーミングも良く、形が良いですね。



◆寺田信弘

タイトル:「予感」 2席

s-1104terada.jpg

自然現象とはいえ、たいへん何かを予感させる激しい雲の動きです。
中央にある島がポイントになっています。
そこに低くある雲が激しさを表現しています。



◆平本和男
タイトル:「冬の造形1」 3席

s-1104hiramoto.jpg

たいへん美しい氷のアートです。
フィルムカメラで良くきれいな色彩が表現できています。
ふつう、ツララは先が剣のようにとんがりますが、この氷は四角で、きれいな色で形も良いですね。芸術作品です。


◆高田進
タイトル:「春待日」 次席

s-1103takada.jpg

タイトルには少し違和感がありますが、スッキりした良い写真です。
空の青、手前の枯れた草、そこにやはり枯れているような木が三本、構図はうまく撮れています。


◆小松康ー
タイトル:「親子で参拝」

s-1103komatsu.jpg

三点とも後姿です。
色彩的に見てこの赤い旗が並んでいる物を選びました。
三人がお参りを済ませて帰るところでしょうか。



◆高野昌隆
タイトル:「籠漁」

s-1103takano.jpg

この写真は漁その物を映していますが、もう少し海の部分が多いと詩情が出たでしょう。
オレンジ色の旗が風になびいてポイントになりました。


◆松田溶
タイトル:「白川郷雪ざらし」

s-1103mazda.jpg

この写真はもう少し高い所から撮れればグッと良い写真になったでしょう。
寒い中の作業が捉えられています。
逆光がうまく良い色を出しています。



◆松野忠男
タイトル:「航跡」

s-1103matsuno.jpg

すっきりした良い写真です。
カラフルな船が静かな水面を通って行きます。
水面の美しさと航跡がきれいに出ています。



◆本谷公夫
タイトル:「峠は雪に埋れて」

s-1103motoya.jpg

桜峠のバス停がこんなに埋もれてしまいました。
豪雪ですね。写真的に内容があって良いと思います。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

春は卒業シーズン。

クラブを卒業されるメンバーも…

s-L1000588b.jpg

何時までもお元気で!

s-IMG_6280p.jpg

耐震工事で使用できなかった管理棟が工事完成となりました。
来月からは、里山の家から管理棟で月例会を開きます。
posted by Canon7 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

バレンタインのお裾分け

◎2月の月例会報告

日時:2月15日(火) 午後7時〜
場所:金沢市民芸術村・里山の家

s-IMG_4943p.jpg

バレンタインデーの翌日とあって、クラブのマスコット的存在?のH嬢(ミセスですが)からチョコレートがプレゼントされました(笑)

s-IMG_4946p.jpg

包装紙はHさんが描いたイラスト入りの手作りです。

s-IMG_4949p.jpg

◇1月月例作品講評:菅井日人先生◇


◆松野忠男

タイトル:「合唱」1席

1102s-matsuno.jpg

この写真を見たとき、かわいくてこの光景を良く見つけて捉えたと感動しました。
雀がまるで自分の家にいるような感覚でこの場所にいるようです。
キヤノンフォトサークルのモーメントに応募してください。
冬なので真ん丸になっているものや、まるで話をしているような良い写真になりました。最高です。



◆高田進

タイトル:「秋景」2席

(本人の希望により作品写真は不掲載とします)

何でもない普通なら通り過ぎてしまう景色が写っていますが、光が良くてこの葦のような草が黒い少ない色の中できれいに草がなびいています。
バックにとてもマッチしています。秋の風を感じます。



◆梅沢武志

タイトル:「初冬の相倉」 3席

1102s-umezawa.jpg

山々に図まれた村落がスポットライトを浴びているような光で捉えられました。
遠くに見える山には雪があり、これからの季節は雪との戦いになる村の存在がかんがえられます。


◆本谷公夫

タイトル:「陽射し」 4席

1102s-motoya.jpg

コメントが何もないのでこの場所はどういうところか分かりません。
ゴルフ場のようにも見えます。
しかしそれはどうでもいいのですが、影が長いので太陽はだいぶ傾いてきたところでしょう。
太陽からのフレアーがきれいです。

◆寺田信弘

タイトル:「遊歩」 5席

1102s-terada.jpg

この写真は故意にハイキーにしました。
床の模様が少し出ているだけであとは3組が歩いています。
普通に撮れば面白くない所を撮っただけということですが、このようにハイキーにしたことで画面は良くなりました。


◆大野浩ー

タイトル:「海辺で」

1102s-ohno.jpg

この犬が人間のようにこの丸い浮きを両手で持ってきそうな感じです。
人聞がこの丸い浮きをもち上げているようにも感じてしまいます。



◆小松康ー

タイトル:「イルミネーション」

1102s-komatsu.jpg

これは何時ごろ点灯するのでしょうか。
もう少し早い時間帯に撮れなかったのでしょうか、そうすればこんなに暗くならない画面が出来たと思うのですが。
親子がいるのですが判明するのに分からない感じです。


◆佐藤華子

タイトル:「海のむこう」

1102s-satoh.jpg

このシャッターチャンスは良いです。
かなり寄った画面になっていますが、もう少しカメラを退いても良かったでしょう。
赤い花があってポイントが出来ました。


◆高野昌隆

タイトル:「冬の釣人」

1102s-takano.jpg

シルエットで捉えた釣り人です。
釣り竿と網を持って、荒れる海に向かっています。
モノクロで引き締まった画面は良いと思います。
ただ少し遠いので弱い感じです。




◆平本和男

タイトル:「サンセットの2人」

1102s-hiramoto.jpg

これは日本ではなくてハワイでしょうか。
撮影場所はどこにしろ、雰囲気は出ています。


◆松田溶

タイトル:「犬と共にJ

1102s-mazda.jpg

形のお酒落な3人が同じように犬を暖かく抱っこしています。
このごろはペットと一緒に泊まれる所も出てきているので犬も家族として連れて歩く人たちが多いです。



◆吉田貞介

タイトル:「デジタルスケッチ・夜景」

1102s-yoshida.jpg

吉田さん独特のデザイン化した画面です。
3点とも同じような捉え方です。
中では“夜景"が光が射し込んでいることで変化が出ました。
写真というより画の感覚ですね。
このような被写体を選んだり探したり、することは案外大変なのでしょう。


◆吉村僖代市

タイトル:「母と子」

1102s-yoshimura.jpg

この写真は親子と雨戸のあいた所のバランスでしよう。
少しオーバ一気味です。
被写体としては面白い所をタイミング良く捉えました。
暖かい陽だまりが良く出ています。




posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

今年も宜しく

◎「新年会」ムードで和やかに〜1月月例会報告〜

日時:1月12日(水)19:00〜
場所:金沢市民芸術村・里山の家

s-IMG_3860p.jpg

地震対策の補強工事のため、里山の家での新年例会となりましたが、おやつを買ってきてもらったので何か新年会ムードの月例会となりました。

s-IMG_3864p.jpg

改めまして「あけましておめでとうございます」
本年もキヤノンフォトクラブ金沢を宜しくお願いします。

s-IMG_3870p.jpg

◇月例作品提出◇

選評担当:大野浩一

s-IMG_3879p.jpg s-IMG_3873p.jpg

◆梅沢武志

タイトル:初冬の相倉(五箇山)

1101s-umezawa.jpg

投票得点:
順位:


◆大野浩一

タイトル:流れ

1101s-ohno.jpg

投票得点:1
順位:


◆小松康一

タイトル:イルミネーション

1101s-komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子

タイトル:海のむこう

1101s-satoh.jpg

投票得点:
順位:



◆高田 進

タイトル:渓谷の秋

1101s-takada.jpg

投票得点:6
順位:5位
 

◆高野昌隆

タイトル:ウィーンの冬

1101s-takano.jpg

投票得点:9
順位:3位


◆寺田信弘

タイトル:遊歩(ゆうほ)

1101s-terada.jpg

投票得点:19
順位:1位


◆平本和男

タイトル:昇天
1101s-hiramoto.jpg

投票得点:7
順位:4位

◆松田 溶

タイトル:初舞の日

1101s-mazda.jpg

投票得点:
順位:


◆松野忠男

タイトル:寒鮒漁

1101s-matsuno.jpg

投票得点:14
順位:2位



◆本谷公夫

タイトル:陽射し

1101s-motoya.jpg

投票得点:2
順位:


◆吉田貞介

タイトル:デジタルスケッチ・夜景

1101s-yoshida.jpg

投票得点:
順位:


◆吉村僖代市

タイトル:母と子

1101s-yoshimura.jpg

投票得点:2
順位:


s-IMG_3886p.jpg

◎東京講評順位の発表

1年間、菅井先生が講評された結果発表です。

東京講評2010

1位 寺田信弘
2位 松田 溶
3位 平本和男
4位 松野忠男
5位 高田 進
6位 本谷公夫
6位 吉村僖代市(同点)


posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

来年も更に頑張りましょう!

◎月例会報告

日時:12月13日(月)午後7時〜

場所:金沢市民芸術村・パーフォーミングスクエア

s-IMG_2651p.jpg

耐震工事のため使えるスペースが限られている金沢市民芸術村ですが、何と10人足らずで、この広いパフォーミングスクエアを使うことに。

s-IMG_2652p.jpg s-IMG_2655p.jpg

2時間単位で2000円。
まあそれ以上は使わないと言うことで、寒々しいながらも広々と(笑)

◇11月月例作品講評 菅井日人先生◇


◆寺田信弘

タイトル:「試し突き」1席

s-1012terada.jpg

除夜の鐘の為に試しに突いている様子です。
もちろん鐘を突いている僧侶の表情や、下で心配しながら見ている僧侶たちの様子が、良く捉えられました。
モノクロで黒が良く締まって良いプリントです。


◆平本和男

タイトル:「289mからの眺望」 2席

s-1012hiramoto.jpg

驚きの眺望です。
めったにここまで登れないのでしょうね。
露出も良く、ちょうど船が来るのを待って捉えたものと思います。
この橋の美しい形がシャープに捉えられました。

◆高田進

タイトル:「秋色」 3席

s-1012takada .jpg

この写真は光をよく考えて、良いです。
とてもうまく捉えています。
3本の黄色の木が美しいですね。
背景は暗く落ちていて、この3本は非常に良くアピール出来ています。

◆松田溶

タイトル:「見物」4席

s-1012mazda.jpg

たくさんの帆を美しく張った大きな帆船のきれいな中に、たくさんの人が見物している様子を出していて、大変うまい構図です。
きれいな写真になりました。

◆松野忠男

タイトル:「初冠雪」次席

s-1012matsuno.jpg

大変うまい構図です。
手前からの枝が良く効いています。
色彩も良いのではないでしょうか。



◆梅沢武志

タイトル:「立ち話」

s-1012umezawa.jpg

何を話しているのでしょうか。
生活感のあるおばあさんと托鉢の僧の立ち話の場面です。
背景の単純さと二人が良い空間の中にいます。
悪くないのですが、弱い感じがします。

◆大野浩ー

タイトル:「マッスル・ボディ」

s-1012ohno.jpg

肉体を鍛えると人間の体はこんなにも筋肉が出来あがるのですね。
良くテレビでポージングしてアピールしている所をニュースなどで見ます。
この写真は肉体の一部分をクローズアップしています。
インパクトは表現されています。
色彩もこの肉体をアピールさせるのに良い色が出ていると思います。


◆高野昌隆

タイトル:「赤いトルコ帽」

s-1012takano.jpg

確かに帽子のように見えなくもありませんが、少しゴチャつき感がありますね。
雑然としています。



◆本谷公夫

タイトル:「心意気」

s-1012motoya.jpg

この写真はアンダ一気味で、纏とはしご乗りを画面の中にうまく入れ込みました。
雰囲気が良く出ています。
動きもあるし、空をパックにすっきりとまとめています。

◆吉田貞介

タイトル:「室内・ハーモニー」

s-1012yoshida.jpg

この写真たちは室内というタイトルがついていますが、コメントがないので何を撮っているのかが理解できません。
しかし美しいです。絹の布のようです。どれもデザイン的で良いのですが、ハーモニー
が良いようです。細かいところまで気を使って美しい波を作り出しています。
色彩的のことからこの写真を選びました。


◆吉村僖代市

タイトル:「電化の頃」

s-1012yoshimura.jpg

この写真がなぜ電化なのでしょうか。
コメントが欲しいです。
いろいろな物が外に置いであるのか、捨てであるのか?
そこに雪が降っています。
寒そうな感じに生活感が出ています。
ただ、内容が分からない写真です。



◆金沢選評2010年 年度賞

1席 寺田信弘さん
2席 平本和男さん
3席 松野忠男さん
4席 高野昌隆さん
5席 本谷公夫さん

来年も皆さんの健康と精進を!
posted by Canon7 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

ファンタジック撮影会結果は?

◎11月月例会報告

日時:11月17日(水)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア練習室

s-DSC00730b.jpg

選評担当:松野忠男

s-DSC00734b.jpg

◆梅沢武志
タイトル:立ち話し

1011umezawa.jpg

投票得点:7
順位:3位


◆大野浩一
タイトル:冬のイメージ

1011ohno.jpg

投票得点:
順位:


◆小松康一
タイトル:熱演奏

1011komatsu.jpg

投票得点:
順位:


◆高田 進
タイトル:渓流の秋

1011takada.jpg

投票得点:3
順位:5位
 

◆高野昌隆
タイトル:赤いトルコ帽

1011takano.jpg

投票得点:
順位:


◆寺田信弘
タイトル:試し突き

1011terada.jpg

投票得点:23
順位:1位


◆平本和男
タイトル:289mからの眺望

1011hiramoto.jpg

投票得点:20
順位:2位

◆松田 溶
タイトル:見物

1011mazda.jpg

投票得点:4
順位:4位


◆松野忠男
タイトル:茶畑

1011matsuno.jpg

投票得点:3
順位:5位



◆本谷公夫
タイトル:心意気

1011motoya.jpg

投票得点:2
順位:


◆吉田貞介
タイトル:室内・ハーモニー

1011yoshida.jpg

投票得点:3
順位:5位



◆吉村僖代市
タイトル:電化の頃

1011yoshimura.jpg

投票得点:1
順位:

◎ファンタジック撮影会作品講評

9月に開かれたファンタジック撮影会作品の講評です。
今年、下期の撮影会作品としてキヤノンアニュアルにも掲載されます。

講評:菅井日人先生


◆田中善吉
タイトル:「妖艶!」1席

1009tanaka.jpg

モノクロ処理が良く、光をよく捉えていて、まとまっています。
またプリントの紙も良い効果を出しています。
非常に良いまとまりがあります。
全身のバランスが基本的であって斬新ではありませんがきれいです。


◆高田進
タイトル:「水遊び」2席

1009takada.jpg

ヌードの撮影会なのに、この写真はそれらしくありません。
しかし、画面的には良くまとまっています。
背景には落ち葉が秋らしくたくさんあってきれいです。
女性のポーズも良いようで、自然な所が良いと思いました。


◆平本和男
タイトル:「視線」3席

1009hiramoto.jpg

タイトルをもう少し考えたいですね。
もう一人このスチュエーションで撮っていた人がいますが、こちらの写真の方が後ろにいる男の感じが何か感じさせますね。
光が良く回っていて、面白い感覚でまとめています。
モデルのポーズも良いようです。


◆松野忠男
タイトル: 「アフタヌーン」4席

1009matsuno.jpg

あまり冒険がなくオーソドックスな決まった写真になりました。
ヌードとしては古い感覚です。
しかし、しっかり狙っていて重ねた足が少し太くなりましたが光の捉え方はスタジオ撮影のようにうまいです。

◆佐藤華子
タイトル:「清澄」次席

1009sato.jpg

女性がおんなを撮ることは難しいです。
同性であることで、ポーズをとらせることや、モデルがどんな気持ちで撮られることまで考えます。
選んだ写真は良い場面ですが、妖しい感じが強いです。表情がそう思わせるのでしょう。


◆梅沢武志
タイトル:「二人(男と女)」

1009umezawa.jpg

かなり高度の高い写真です。まず大きな部屋ですが、光が良く回っています。
タイトル“男と女"とありますが、この写真からどういうふうに見ましょうか。
面白いまとまりを見せていますが、男の方の感じが内容的に何を語るのか?別に内容がなくてもいいのだが、何かちぐはぐな感じです。


◆大野浩ー
タイトル:「たわむれ」

1009ohno.jpg

女性は少しオーバ一気味なほうがきれいです。
このヌードもオーバ一気味ですが体の方は少し飛んでしまったようです。
全体の形は良いです。


◆小松康ー
タイトル: 「昼下がり」

1009komatsu.jpg

この写真は良くまとまってはいますが、モデルがいる所は暗くて、手前の床は光がいっぱいで目立ちます。モデルさんの肩などにあたる光が良いのに手前の光りの強さで打ち消されてしまいました。


◆高野昌隆
タイトル:「滝壷」

1009takano.jpg

滝の水は少ないですね。何をしている所なのか?
ちょっと分かりにくいです。空間の処理は良いでしょう。

◆寺田信弘
タイトル:「入浴」

1009terada.jpg

女らしい体の線が出ています。お尻の形がやわらかくできれいです。
無駄のないフレーミングになっています。

◆松田 溶
タイトル:「水遊び」

1009mazda.jpg

水を飛ばしていて動きが出ました。顔もきれいな感じです。
ただ体の部分が白く飛んでいます。
コントラストが強いので、全身を入れずに水をはね上げている手のひじぐらいで、フレーミングしたら良かったと思います。
お尻からの飛んでいる部分はカットしたいです。

◆本谷公夫
タイトル:「かのん〜目覚め」

1009motoya.jpg

ヌードの写真はエロティックか、グロテスクか、美しいか、清純なのか、芸術的かなどいろいろな感覚で作画します。
選んだ写真はエロティックな感じがあります。
顔に当たる光など自然光がきれいです。
まとまりが良いようです。

◎12月の予定

12月4日(土)〜5日(日)

忘年撮影会・五箇山方面

12月13日(月)月例会
posted by Canon7 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

10月例会報告

◎10月の例会

日時:10月14日(木)19:00〜
場所:金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア

s-IMG_0727p.jpg

管理棟の耐震工事がいよいよ始まり、事務所もプレハブの仮設事務所に移りましたね。


2010年9月例会作品講評:菅井日人先生

◆寺田信弘
タイトル:大沢の里 1席

1010terada.jpg

空間が多いような写真ですが、無駄な空間は一つもない素晴らしい写真です。
草むしりをした、このおばあさんの笑顔は自然で楽しそうに仕事をする様子が撮れました。最高のタイミングだったと思います。

◆本谷公夫
タイトル:奉灯 2席

1010motoya.jpg

撮影時間帯が良かったです。
また、全員の居場所の形が良いです。
花火をする所なのでしょうが、のんびりした温かみのある色で子供たちの期待が伝わ
ります。

◆松野忠男
タイトル:一夜の花  3席

1010matsuno.jpg

この写真はどのように撮ったのでしょうか。
きれいすぎるので不思議に思います。
カラスウリの花ですが、夜にならないと咲きません。
ですからこの写真ではきれいな緑の葉が良い形であり、まん中に白く神秘的な花があります。
普通に咲いているものはもっときたないと思うのですが、この写真は美しいです。
デザインされたように素晴らしい写真です。


◆砂井とみ子
タイトル:写る桜 4席

1010sunai.jpg

この写真は最初赤く丸い物があって、その聞に桜が咲いていると思いました。
それが違いましたね、カーブミラーに上手くまとめています。
実に良く考えて捉えました。良い写真だと思います。


◆打田啓子
タイトル:ビル間を飛ぶ 5席

1010uchida.jpg

都会のきれいなビルを背景にモノレールが飛んでいるように捉えました。
直線と曲線の組み合わせがスッキリしています。
これぐらい整理された画面は中々撮るのに計算しています。
青を基調としている所も良いです。

◆松田 溶
タイトル:万灯会 次席

1010mazda.jpg

灯ろう流しは、ある意味故人をしのび寂しい物ですが、たくさんの灯ろうがこのように流れていると美しいです。
スローシャッターで程良い流れが出来ました。


◆梅沢武志
タイトル:こわーい!

1010umezawa.jpg

この少年にとって馬はすごく大きく見えたことでしょうね。
タイトルの意味が分かります。
スナップですね。


◆大野浩一
タイトル:大空

1010ohno.jpg

アンダ一気味の空の色が赤いハングライダーを目立たせています。
タイトルも大空ということで空が大きく空間を占めていることが意図としたことにあっています。
後ろに貼っているデーター表が表に写り込んでいるのが面白い効果を出しています。
が、本当は良いことではありません。



◆小松康一
タイトル:祭りのクライマックス

10101komatsu.jpg

反対側からの光りが強くて、逆光になっているために何をしている祭なのかが分かりにくいです。
何を捉えているのかが分かりません。
カメラポジションを変えて写真の内容が分かるように撮りたかったです。



◆佐藤華子
タイトル:婚儀

1010satoh.jpg

花嫁、花婿の衣装が、珍しい結婚式です。
手前右にいる男性はこの場合邪魔になりました。
雰囲気的に入れ込んだことは分かりますが、中途半端なフレーミングになりました。
もっと寄って、7人をしっかり入れ込んだほうが良いでしょう。
背景の神社は入れ込んでください。


◆高田 進
タイトル:並び石

1010takada.jpg

日本の庭の独特の石の並びでしょう。
外国ではこのような空間を重視する並べ方はあまり見ないと思います。
芝生と適当な石の大きさの飛び石は良くあるものです。
写真的にはシンプルに色と石の並びでまとめたことは少し寂しいですが、すっきりして
いることが良いでしょう。



◆高野昌隆
タイトル:点火

1010takano.jpg

3点とも手筒花火のようです。
どれもこんなに火がすごかったですかね。
まとまりのあるのはこの“点火"でしょうか、何しろどれも火の勢いがあり過ぎてちょっと分からない画面になっています。
暗い夜に飛び出す火の勢いだけがすごいというだけの写真のようです。
何かもう少し良いかたちの手筒花火の様子がほしいです。


◆田中善吉
タイトル:目線下さーい!

1010tanaka.jpg

画面のごチャっき感はあるものの、この撮影の場合はしょうがないでしょう。
この女性のカメラをもっと重視して本物の猫とその部分だけでまとめると良いでしょう。


◆平本和男
タイトル:フェイス2

1010hiramoto.jpg

これは花火を撮ったのですか。1と2とは同じような感覚で作っています。
しかし顔としては2の方がインパクトがあるでしょう。
大変面白い画像になりました。成功ですね。



◆吉田貞介
タイトル:急ぎ足

1010yoshida.jpg

コメントがないので意図的な物は何も分かりませんが注意書きのように山折りで見ました。
この急ぎ足が一番分かります。
吉田さんは写真の域を脱して、いろんなことに挑戦しています。
これも写真の在り方、芸術として何か良い物が出来あがることを予感できますね。
山折りにして見せることが斬新な仕上がりです。
また、山折りにしなくても“急ぎ足“は面白い写真だと思います。

======================================

s-IMG_0731p.jpg

◎次回の月例会

日時:11月17日(水)19:00〜21:00
場所:金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア 

今年最後の作品提出月です。
各自3点ずつ提出してください。

◎忘年撮影会

日時:12月4日(土)〜5日(日)
場所:五箇山方面

奮ってご参加下さい!
posted by Canon7 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

クラブ写真展に向けて慌ただしく

◎7月月例会の報告

日時:2010年7月15日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村・管理棟1F研修室

s-IMG_7267p.jpg s-IMG_7268p.jpg

選評担当:高田進

========================

◆打田啓子
タイトル:しずくを染める

1007uchida.jpg

投票得点:12
順位:2位

◆梅沢武志
タイトル:霧景

1007umezawa.jpg

投票得点:6
順位:


◆小松康一
タイトル:舞台

1007komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子
タイトル:念彼観音力

1007satoh.jpg

投票得点:7
順位:5位

◆砂井とみ子
タイトル:ひととき

1007sunai.jpg

投票得点:2
順位:

◆高田進
タイトル:瓦屋根寸景

1007takada.jpg

投票得点:6
順位: 

◆高野昌隆
タイトル:僕も初体験

1007takano.jpg

投票得点:3
順位:


◆寺田信弘
タイトル:視

1007terada.jpg

投票得点: 20
順位:1位

◆平本和男
タイトル:はいポーズ

1007hiramoto.jpg

投票得点:12
順位:2位

◆松田 溶
タイトル:水遊び

1007mazda.jpg

投票得点:2
順位:


◆松野忠男
タイトル:修行

1007matsuno.jpg

投票得点:1
順位:


◆本谷公夫
タイトル:抜けられます!

1007motoya.jpg

投票得点:11
順位:4位


◆吉田貞介
タイトル:柱景

1007yoshida.jpg

投票得点:6
順位:


◆吉村僖代市
タイトル:脚線美

1007yoshimura.jpg

投票得点:2
順位:

=============================

s-IMG_7273p.jpg

いよいよ今年もクラブ写真展に向け、準備作業が慌ただしくなってきました。

来月の月例会には、メンバーの作品を揃えて、9月3日から開催です。

◎次回の月例会

日時:8月17日(火)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

※クラブ展の作品を持ってきてください。

s-IMG_7258p.jpg

◎キヤノンフォトクラブ金沢写真展

日時:9月3日(金)〜12日(日)午前10時〜午後6時
場所:石川県立図書館・ライブラリーサロン

※期間中、図書館は虫干しのため休館ですが、サロンは開いています。

posted by Canon7 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

5月月例会&上期撮影会の講評

◎5月の月例会から

日時:2010年5月10日 午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

◇吉田さんに2009年度最優秀賞

s-IMG_5683p.jpg

キヤノンフォトクラブ本部よりの賞状を贈呈しました。
おめでとうございます。


◇月例会での選評風景

s-IMG_5691p.jpg s-IMG_5688p.jpg
 
選評担当:本谷公夫


◆梅沢武志
タイトル:主役

1005umezawa.jpg

投票得点:3
順位:


◆大野浩一
タイトル:休憩中

1005ohno.jpg

投票得点:
順位:


◆小松康一
タイトル:宵山車が来る

1005komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子
タイトル:棚田の守り手

1005satoh.jpg

投票得点:8
順位:2位

◆砂井とみ子(新人)
タイトル:力を合わせて!

1005sunai.jpg

投票得点:
順位:
 

◆高野昌隆
タイトル:お手伝い

1005takano.jpg

投票得点:6
順位:4位


◆寺田信弘
タイトル:祝い舟

1005terada.jpg

投票得点:24
順位:1位


◆平本和男
タイトル:旅人1

1005hiramoto.jpg

投票得点:7
順位:3位

◆松田 溶
タイトル:行灯こわし合い

1005mazda.jpg

投票得点:3
順位:


◆松野忠男
タイトル:浜辺

1005matsuno.jpg

投票得点:6
順位:4位


◆本谷公夫
タイトル:あっち行って

1005motoya.jpg

投票得点:3
順位:


◆吉田貞介
タイトル:鏡映

1005yoshida.jpg

投票得点:4
順位:


◆吉村僖代市
タイトル:象嵌師

1005yoshimura.jpg

投票得点:3
順位:

◎上期撮影会(琵琶湖周辺ロケ)の作品講評

講評:菅井日人先生


◆荒川 良一
タイトル:「エサやる子供達」 1席   

2010arakawa.jpg

写真は大変夢があっていいのですが、タイトルが写真の説明で、よくありません。もっと、想像が出来るタイトルをつけると良いです。
二人のシルエットに鳥たちの飛ぶ、動きがきれいです。
画面的に良くまとまっています。

◆寺田信弘
タイトル:夜明け   2席

2010terada.jpg

夜明けのさわやかな空気が描写できました。
それはこの色彩にあるのでしょう。
黒い手前からの水の色から段々に明るくなる色のグラデーションが素晴らしいです。      

◆梅沢武志
タイトル:「光る湖面」   3席

2010umezawa.jpg

今回は3点とも湖面を狙っています。
選んだ物は難しい場面を良くまとめました。
雲間からの光と、深く垂れこめる重い雲の感じと、薄く色が出ている湖面の木に光が少しある様子は何とも言えない景色です。
縦位置での比率も良いです。

◆打田啓子
タイトル:「のどかな午後」

2010uchida.jpg

寒い冬が終わり、春めいてきた農場を捉えています。
色彩的に色がないのでさびしいです。
そのために左に木の葉を入れ込んだことは良いでしょう。
ヒツジが少し遠いのでもう少し手前にいてくれれば、もっとインパクトが出て良かったと思います。

◆小松康一
タイトル:「朝の湖畔」

2010komatsu.jpg
             
画面が少し暗いために、澄んだ空気感があまり感じられません。
左上の朝日の光りが強くて、飛んでしまいました。
太陽の位置に問題があるようです。
入れてないと夕方になってしまうかもしれません。
ちょうど二人の人がいて、良かったです。

◆林茂樹
タイトル:「日曜画家」

2010hayashi.jpg            

良いところを狙っていますが、何かこの人が固い感じです。
形が良くないと思います。
のんびり画を措いているような雰囲気がないのはこの形の所為と、カメラアングルが悪かったということでしょう。



◆平本和男
タイトル:「レイメイ」

2010hiramoto.jpg

手前上部の木々の葉が良く締まり、構図的には良く考えられているようです。
色彩は何か少し滞った色が出ているようですが、どうですか。
澄んだ空気感が感じられる色だと良かったでしょう。
プリント段階の問題かもしれません。


◆本谷公夫
タイトル:「湖岸の印象〜親子〜」

2010motoya.jpg

ほのぽのとした親子の情景です。
足元が、中途半端でした。
カメラをもう少し低くして、きっちり足元を入れ込めば良かったです。
上部の方のフレーミングは良かったし、きれいな光を受けたカモメと親子のシルエットが良いタイミングで捉えられたと思います。


===========================

◎6月のスケジュール

◇ファミリーBBQ撮影会

日時:6月13日(日)9時〜
場所:白山市CCZ海浜公園BBQサイト

◇6月月例会

日時:6月17日(木) 午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟 1F研修室
  
posted by Canon7 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

琵琶湖ロケの作品続々

◇4月月例会報告◇

日時:4月15日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

◎2010年上期撮影会作品提出

s-IMG_5024p.jpg

2月に琵琶湖周辺をロケした作品が集まりました。
同じ行動をしていても、出来上がった作品は随分違います。

s-IMG_5029p.jpg s-IMG_5015p.jpg

これが、カメラクラブの撮影会の面白味というところでしょうか。

講評結果は5月の例会で発表します。

============================

◎3月提出作品の講評発表

講評:菅井日人先生

◆寺田信弘
タイトル:「街の光景」 1席

1004terada.jpg

この写真にはコメントがほしいですね。
どういう意味でこの写真を撮ったのか知りたいです。
提出された写真だけで見てみると、なかなか面白いのです。
まるで影絵のような画面が出来あがりました。
そして物語があります。新聞を読む男性と、形の良い女性の二人だけの街の光景なのですが、左の柵も良い位置で画面を引き締めています。
何かとても魅力を感じます。


◆吉村僖代市
タイトル:「ペア」 2席

1004yoshimura.jpg

この写真は計算された、構図、フレーミングで良い作品を作りました。
メルヘンチックなこのガラスの人形がのどかな感じを出しています。
それに対比するように背景に赤と緑の人がいて良い効果が出ています。
画面全体の色彩としては多くの色がないのが、まとまりを作る重要なカギになりました。
すっきりした良い写真です。

◆本谷公夫
タイトル:「雪の華」 3席

1004motoya.jpg

まるで友禅の着物のような色彩が出ています。美しいです。
上部からのバープル色は何の色なのでしょうか。
光も良くて下の方にメインの光りが雪を白く描写しています。
また、この枝の扱いも画面の中でインパクトを作るようにフレーミングしています。
非常に良いまとまりを見せました

◆高田進
タイトル:「霧立つ朝」 4席

1004takada.jpg

霧が良く表現されています。
画面にメリハリもあり、木々の配置がとてもいいです。
手前から遠くの光景まで色のグラデーションが良い効果を出しました。
まったく実際の景色そのものでしょう。

◆松野忠男
タイトル:「氷塊」 同席5席

1004matsuno.jpg

画面は少しアンダー気味ですが、手前の氷の質感なども良く出ました。
景色を凝縮させて、寒い感じと遠くの富士山まで良く計算されています。
難しい写真ですが、よくまとめました。

◆平本和男
タイトル:「一人ぽっち」 同席5席

1004hiramoto.jpg

素晴らしい夕焼けの色の中に白鳥が良い位置にいます。
あまりにも良いので同席5席にしました。
手前から当てたストロボが良く効果的に画面を作っています。
空と湖との比率もいいです。たそがれていく空気盛が出ました。
色彩もとても良いです。

◆打田啓子
タイトル:「雲のいたずら」

1004uchida.jpg

この写真はどこが“いたずら”なのでしょうか。
空に雲が画をかいているような、光景です。
そしてリズムは感じます。
空と山の対比は9対1で良い効果を出していると思いますが、左に白いモヤのようなものがあり、色彩的に乱れが見えます。

◆梅沢武志
タイトル:「神輿海中渡御1」

1004umezawa.jpg

3点とも神輿を担いで海に入る勇壮な祭りのようですが、どれも迫力不足です。
選んだ1は少しクローズアップされているので良いと思ったのですが、これもそうインパクトがあるとは思えません。
もっと望遠レンズを駆使して捉えたいです。

◆大野浩一
タイトル:「花と女」

1004ohno.jpg

提出された3点とも悩殺的な女を捉えています。
選んだ物は一番エロい感じなので選びましたが、どれも甘い感じはあります。
このような場合は髪がバックに埋れてしまわないように、後ろからライトが当たると良かったです。
また、首から胸への様子がやわらかくないです。

◆小松康一
タイトル:「寒中荒行」

1004komatsu.jpg

3人をうまくフレーミングして、捉えました。
良くピントもきていて、水も迫力を出せています。
もっと良くするにはカメラをもう少し下からにして、まん中の人の表情をしっかり捉えると良かったでしょう。
それに少しオーバー気味ですよ。

◆佐藤華子
タイトル:「加賀ばやし」

1004satoh.jpg

この写真は非常にお座敷の雰囲気が出ていて、うまくまとめているようです。
この芸者さんの、すきのない後ろ姿も良いです。
向こうに客がいることと、三味線もうまく入りました。
単写真ではなくもう一枚ぐらいでまとめると良いでしょうか。

◆高野昌隆
タイトル:「陽だまり」

1004takano.jpg

遊んでいるのでしょうが、カメラの方を向いている所がシャッターチャンスでした。
シャープなピントで良いところを映しとめました。光も良いようです。

◆松田溶
タイトル:「節分祭」

1004mazda.jpg

鬼がまん中にいて、豆まきの楽しさとインパクトが良く出ています。
左の人が持つ白い紙袋が少し目立ちますが、しょうがないでしょう。
あまり飛ばずに出ていることが良かったです。
何よりいいのは人々の嬉しそうな顔と、投げられたまめが写っていることです。

◆吉田貞介
タイトル:「縄塊」

1004yoshida.jpg

吉田さんがいつも撮っているこの縄はいったいどのような状態のものなのでしょうか。
今回も前に見たことのあるような物を撮っています。
この縄塊はPC処理でなかなか凝った画になっています。

=============================

◎作品を自作の本に?

最近はカメラ店でミニアルバムを作ってくれるサービスが人気な様ですが、メンバーの1人がこんな自作アルバムを…

s-IMG_5017p.jpg

中国ロケの作品をA4の紙に両面印刷し、2つに折って背の部分を糊付けして仕上げてあります。

s-IMG_5020p.jpgs-IMG_5021p.jpg

これだと見開きでA4横位置のサイズの作品も印刷できて、見応えがありますね。

s-IMG_5022p.jpg

工夫次第では、様々な作品の見せ方ができますね。

s-IMG_5025p.jpg

◎5月月例会のお知らせ

日時:5月10日 午後7時から
場所:金沢市民芸術村 管理棟 1F研修室

作品提出月です。各自2Lサイズの作品を3点提出してください。

6月はファミリーBBQが行われます。
ご家族揃って、ご参加下さい。
posted by Canon7 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

春めいてきましたが…

◎3月の例会

金沢では、もうすぐ4月だというのに寒い日が続いたり…
桜はまだ、先のようです。

日時:2010年 3月18日(木)
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

選評担当:小松康一

s-IMG_4087p.jpg

============================

◆打田啓子
タイトル:雲のいたずら

1003uchida.jpg

投票得点:4点
順位:

◆梅沢武志
タイトル:清め

1003umezawa.jpg

投票得点:6点
順位:5位


◆大野浩一
タイトル:鏡

1003ohno.jpg

投票得点:2点
順位:


◆小松康一
タイトル:酔う

1003komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆佐藤華子
タイトル:加賀ばやし

1003satoh.jpg

投票得点:3点
順位:

◆高田進
タイトル:冬景

1003takada.jpg

投票得点:14点
順位:1位
 

◆高野昌隆
タイトル:夜店の子

1003takano.jpg

投票得点:8点
順位:3位


◆寺田信弘
タイトル:街の光景

1003terada.jpg

投票得点:7点
順位:4位

◆平本和男
タイトル:雲のときめき

1003hiramoto.jpg

投票得点:2点
順位:


◆松田 溶
タイトル:加賀鳶

1003mazda.jpg

投票得点:1点
順位:


◆松野忠男
タイトル:氷塊

1003matsuno.jpg

投票得点:12点
順位:2位


◆本谷公夫
タイトル:雪の華

1003motoya.jpg

投票得点:5点
順位:


◆吉田貞介
タイトル:縄塊(ジョウカイ)

1003yoshida.jpg

投票得点:3点
順位:


◆吉村僖代市
タイトル:朝のおしごと

1003yoshimura.jpg

投票得点:5点
順位:

============================

s-IMG_4098p.jpg

◎次回の月例会

日時:4月15日(木)午後7時〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟1F研修室

2月の撮影会(琵琶湖方面)作品を提出してください。
1人3点(2Lサイズ)
posted by Canon7 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

今年も宜しくお願いします

何とか2010年も明け、久しぶりの大雪の中、クラブの月例会をスタートしました。
今年も、キヤノンフォトクラブ金沢を宜しくお願いします。

◎1月例会

日時:2010年1月14日
場所:金沢市民芸術村 管理棟

s-IMG_2358p.jpg
 
選評担当:田中善吉

s-IMG_2366p.jpg s-IMG_2361p.jpg

================================

◆荒川良一
タイトル:白い傘

1001arakawa.jpg

投票得点:5
順位:


◆梅沢武志
タイトル:晩秋

1001umezawa.jpg

投票得点:
順位:


◆大野浩一
タイトル:ほほ笑み

1001ohno.jpg

投票得点:
順位:


◆小松康一
タイトル:初詣で

1001komatsu.jpg

投票得点:5
順位:

◆佐藤華子
タイトル:クリスマススケート

1001satoh.jpg

投票得点:1
順位:
 

◆高野昌隆
タイトル:命がけ

1001takano.jpg

投票得点:8
順位:3位

◆田中善吉
タイトル:冬近し

1001tanaka.jpg

投票得点:8
順位:3位

◆寺田信弘
タイトル:渚の夕景

1001terada.jpg

投票得点:13
順位:2位

◆松田 溶
タイトル: 春駒神事

1001mazda.jpg

投票得点:
順位:


◆松野忠男
タイトル:寒水荒行

1001matsuno.jpg

投票得点:8
順位:3位


◆高田 進
タイトル:双子樹

1001takada.jpg

投票得点:15
順位:1位


◆本谷公夫
タイトル:のびのび@

1001motoya.jpg

投票得点:6
順位:6位


◆吉村僖代市
タイトル:役者

1001yoshimura.jpg

投票得点:3
順位:

s-IMG_2369p.jpg s-IMG_2370p.jpg

================================

◎2009年度東京選評順位

1席:吉田貞介
2席:高野昌隆
3席:大野浩一
4席:吉村僖代市
5席:松田 溶
6席:本谷公夫

写真:2009年度金沢支部選評の表彰状を持って記念撮影しました。

s-IMG_2374p.jpg

◎2月の月例会

2月15日(月)
研修室

◎上期撮影会
2月20日〜21日
琵琶湖周辺
posted by Canon7 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

今年もそろそろ忘年撮影会を

◎11月の月例会報告です

日時:11月12日(木) 19:00〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟 1F研修室

s-IMG_0709b.jpg

選評担当:高野昌隆さん

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆荒川良一
タイトル:「寒修業」

0911arakawa.jpg

投票得点:
順位:

◆打田啓子
タイトル:「晩秋の湖」

0911uchida.jpg

投票得点:4
順位:

◆梅沢武志
タイトル:「フライフィッシング」

0911umezawa.jpg

投票得点:4
順位:


◆大野浩一
タイトル:「火渡り」

0911ohno.jpg

投票得点:
順位:


◆小松康一
タイトル:「神秘」

0911komatsu.jpg

投票得点:
順位:

◆高田 進
タイトル:「秋景」

0911takada.jpg

投票得点:3
順位:
 

◆高野昌隆
タイトル:「船着場」

0911takano.jpg

投票得点:20
順位:1位

◆田中善吉
タイトル:「ガンバローね!」

0911tanaka.jpg

投票得点:2
順位:


◆寺田信弘
タイトル:「準備中」

0911terada.jpg

投票得点:8
順位:4位

◆松田 溶
タイトル:「パフォーマンス」

0911mazda.jpg

投票得点:16
順位:2位


◆松野忠男
タイトル:「夕照」

0911matsuno.jpg

投票得点:6
順位:5位


◆本谷公夫
タイトル: 「持ち込み可」

0911motoya.jpg

投票得点:13
順位:3位


◆吉田貞介
タイトル:「グリーンの小景」

0911yoshida.jpg

投票得点:
順位:


◆吉村僖代市
タイトル:「祭りの日」

0911yoshimura.jpg

投票得点:4
順位:

s-IMG_0717p.jpg


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎ファンタジック撮影会の結果です
講評:菅井日人先生

s-IMG_0720p.jpg s-IMG_0711p.jpg

◆高野昌隆
タイトル:「艶」 1席

nude09takano.jpg

このヌードの写真は色彩が良いです。
ポーズといい、表情といい、布団の形も自然でとても良いようです。
かなり上級の作品になりました。
布団の白の質感なども優れています。


◆本谷公夫
タイトル:「見つめる」   2席

nude09motoya.jpg

このヌードはかなり完成度の高い写真になっています。
フレーミングも申し分ありません。
おっぱいのきれいな事、ただ細かいことですが、モデルさんの顛が向って左の頬から顎にかけて幅があってもう少し細く映ればきれいでしたね。
髪を少し前にするとかして顎を隠すことが良かったかも知れません。目がいいです。

◆小松康一 
タイトル:「荒行」   3席 
     
nude09komatsu.jpg

このモデルさんは前も肉感的ですが、後姿もきれいな人です。
脱いだ着物の形も良く、上から落ちる滝の水がきれいです。
逆光がきれいな体を浮かび上がらせて、きっちりしたフレーミングによりまとまりました。

◆大野浩一
タイトル:「想う」   4席

nude09ohno.jpg

何を思うのでしょうか。カメラの角度が良く太陽を洛びて水にぬれた体を、もてあますような若い女性と感じますが!
ポーズも良く、表情もとても良いでしょう。
バックもスタジオのように黒く落ちてモデルを浮き上がらせました。

◆田中善吉
タイトル:「いかが〜!」   5席  
      
nude09tanaka.jpg

この写真はポーズがとても良いです。
しかしタイトルはいかがなものでしょう!(笑)
少し安易な感じで写真の内容と合わないです。
肩から腕の流れと、きれいな胸、その上にある顔とが無理なくポーズされています。
太ももが少し気にはなりますが・・・


◆打田 啓子さん
タイトル:「水の感触」

nude09uchida.jpg

水の動き、光の状態はとても良いです。
正面からズバっと狙ったので、からだにボリュームがあって大きく見えます。
体はきれいですが、顔が良くないようです。
これはモデルさんの顔の良い角度をもう少し考えて撮るといいでしょう。
あまり美人に撮れていないようです。

◆梅沢武志
タイトル:「少女」

nude09umezawa.jpg

この写真は小松さんのものと類似しています、とても良い感じで捉えていますが、小松さんのものがインパクトがあって良かった。ごめんなさい。
光が良く煙のようなものもいいようです。
きれいなヌードになりました。フレーミングの点で席から外れてしまいました。


◆佐藤華子
タイトル:「欲」  
         
nude09sato.jpg

この写真のタイトルの“欲”は何に対してのものなのか。良く分かりません。
エロティツクなものを表現したかったのでしょう。
角度を考えて何枚か撮ることですね。


◆寺田信弘
タイトル:「ザ・ボディー」
           
nude09terada.jpg

女性の体の丸み、曲線が出ました。大胆なポーズでいいでしょう。
しかし写真的にはあまりきれいではないようです。
光が均一に当たっていて、画面のメリハリがないためでしょう。
おなかから、胸にかけての線が美しくない感じです。



◆松田 溶
タイトル:「滝の妖精」
           
nude09mazda.jpg

モデルさんは双子だったようですね。
この滝の前でのソフトの写真はきれいです。
オーバーで自が飛んでいるので妖精の感じは出ました。明るくてきれいです。
面白い描写になりました。
ひとつ疑問がありますが、これは一人の女性を狙っているのではないですよね。
コメントがないので解りませんので・・・全く鏡に映したような感じなので、ちょっと不思議です。
(注・これは2重露出の画像です)


◆松野忠男
タイトル:「木洩れ陽」
           
nude09matsuno.jpg

3点とも、ポーズがあまり良くないですね。
もっときれいに見えるポーズを研究してほしいです。
この“木洩れ陽”もたくましくみえます。腕が良くないでしょうか。
もう少し女らしい、やさしさが出ると良かったです。


◆吉村僖代市
タイトル:「ベランダの女」

nude09yoshimura.jpg

3点のうちでこのベランダで捉えたものが一番素直で無難です。
緑の中でという所もいいようです。
ただISO感度はどれぐらいなのでしょうか少しノイズが出ているようで、シャープネスがありません。
自然光でも画面のメリハリがもう少し、ほしい感じです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎忘年撮影会

日時:12月5日(土)〜6日(日)
場所:白山市・獅子吼荘とその周辺

◎次回の月例会


日時:12月14日(月) 19:00〜
場所:金沢市民芸術村 管理棟 1F研修室

posted by Canon7 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。